9月, 2019

now browsing by month

 

知らないと恥かくリハビリ必須用語

QOL(Quality Of Life)

*QOLは「生活の質」と言われ、人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているかを示す。 *QOLの「幸福」とは、身心の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育、趣味の充実など、様々な観点から計られる。

ADL(activities of daily living)
IADL(instrumental activities of daily living)

*ADLとは「日常生活動作」と言われ、生活を営む上で行う動作を指す。

 ①食事②整容③更衣④排泄⑤入浴     5大ADL

⑥起居⑦コミュニケーション             7大ADL *IADLは「手段的日常生活動作」と言われ、日常生活を送る上で、ADLより複雑で高度な動作を指す。

⑧買い物⑨洗濯⑩掃除等の家事全般⑪金銭管理⑫服薬管理⑬趣味等               IADL

デイサービスの利用者で多い疾患

癌 (9名)

脳血管障害(5名)

変形性関節症(5名)

認知症(4名)

人工関節(3名)

リウマチ(2名)

脳血管障害

①脳梗塞

a.アテローム型血栓性脳梗塞

b.ラクナ梗塞

c.心原性脳梗塞

②脳出血 ③クモ膜下出血

アテローム型血栓性脳梗塞

*特徴

頸動脈や頭蓋内の太い動脈にアテローム(コレステロール) が形成され血管が梗塞されること。

意識障害や失語(しつご)、失行(しっこう)、失認(しつにん)などの高次機能障害がみられる。

*現在の医療報酬制度では、急性期病院は約3か月で転院また、退院になります。リハビリデイサービスを退院後のリハビリをする場にしたいと思っています。 *今後、外傷などの急性期は鍼灸接骨院、慢性期のリハビリはデイサービスで行えるようにし、デイサービスに通えば不自由なく自立した日常生活が送れ、社会復帰もできる場所にしたいと思っています。

*特徴

頭蓋内外の比較的細い血管領域に生じる脳梗塞。

半身麻痺・半身のしびれ(感覚障害)・構音障害などの症状を伴う。

心原性脳梗塞症

*特徴

心臓の血液が脳に運ばれ、脳の血管を詰まらせるものです。

血栓ができやすい疾患には心房細動、リウマチ性心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋症などがあります。

脳出血

*特徴

動脈硬化を起こし、脳の中で出血が起こること。

出血した血液は、頭のなかで血腫となり、血腫がまわりの脳を圧迫し、脳の働きを悪くします。

片麻痺、感覚障害を伴うことが多く、重症だと意識障害、さらには死亡につながることがあります。

くも膜下出血

*特徴

外側から硬膜、くも膜、軟膜の3枚の膜で覆われ、くも膜の下には脳脊髄液という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。

突然猛烈な頭痛、吐き気、嘔吐が起こり、そのまま意識不明になることが多い疾患です。

ブルンストロームステージ(Brunnstrom stage:Brs)

*脳血管障害の運動麻痺の回復過程を判断するため使用されます。

ステージⅠ 弛緩性麻痺 

ステージⅡ 連合反応の出現

ステージⅢ 共同運動パターンの出現

ステージⅣ 分離の出現

ステージⅤ 分離運動の進行

ステージⅥ 分離が進み正常に近づく

デイサービスの目標

現在の医療報酬制度では、急性期病院は約3か月で転院また、退院になります。リハビリデイサービスを退院後のリハビリをする場にしたいと思っています。 *今後、外傷などの急性期は鍼灸接骨院、慢性期のリハビリはデイサービスで行えるようにし、デイサービスに通えば不自由なく自立した日常生活が送れ、社会復帰もできる場所にしたいと思っています。